おしぼりの歴史

おしぼりの語源

写真
心のおもてなし
-おしぼり-
 
江戸時代になると木綿の手ぬぐいが普及し始めました。宿屋の玄関先で、疲れた旅人のために、水を張った桶と手ぬぐいが用意されていました。旅人は手ぬぐいを桶の水に浸して、それをしぼり、汚れた手や足をぬぐった。 この「しぼる」という行為こそが、おしぼりの語源になっていると言われています。